2016年

  1. 大塚 理子, 溝上 陽子, 矢口 博久: 色素斑の分布が目立ちに与える影響, 質感のつどい 第2回公開フォーラム, プログラム, 26. (2016 November, 千葉)
  2. 喜安 勇貴, 野崎 航, 溝上 陽子, 矢口 博久: 指向性照明と拡散性照明による物体の色と質感の見えの評価, 質感のつどい 第2回公開フォーラム, プログラム, 24. (2016 November, 千葉)
  3. 中島 由貴, 溝上 陽子: 観察サンプルの色相・明度・彩度が演色性評価に及ぼす影響, 日本色彩学会平成28年度研究会大会, 日本色彩学会誌, 40, Supplement 45-48. (2016 November, 寝屋川)
  4. 大塚 理子, 溝上 陽子, 矢口 博久: 色素斑の分布と目立ちの関係, 日本色彩学会平成28年度研究会大会, 日本色彩学会誌, 40, Supplement 43-44. (2016 November, 寝屋川)
  5. 加藤 美晴, 溝上 陽子, 矢口 博久: 分光画像による色覚異常シミュレーションの検証, 日本色彩学会平成28年度研究会大会, 日本色彩学会誌, 40, Supplement 20-22. (2016 November, 寝屋川)
  6. Nakajima Yuki, Mizokami Yoko, Fuchida Takayoshi: Influence of hue on the subjective evaluation of color samples under various light sources, Colour in Mind: From Perception to Art, Interdisciplinary Colour Conference, (2016 September, Tübingen, Germany)
  7. Mizokami Yoko: Influence of Diffusibility of Illumination on the Appearance of Colour and Surface Properties, Colour in Mind: From Perception to Art, Interdisciplinary Colour Conference, (2016 September, Tübingen, Germany)
  8. Nakajima Yuki, Mizokami Yoko, Fuchida Takayoshi: Influence of hue on the subjective evaluation of color samples under various light sources, Seeing Colors/ International Symposium on Color Vision, Program, 31-32. (2016 September, Regensburg)
  9. Kikuchi Kumiko, Katagiri Chika, Yoshikawa Hironobu, Mizokami Yoko, Yaguchi Hirohisa: Correction method for skin reflectance obtained with different spectrophotometers and its application: long-term changes in Japanese women’s skin colour, 4th CIE Expert Symposium on Colour and Visual Appearance, CIE x043:2016, 417-426. (2016 September, Prague, Czech Republic)
  10. Mizokami Yoko, Nabae Yuki, Yaguchi Hirohisa: Influence of diffusibility of illumination on the impression of surface appearance, 39th European Conference on Visual Perception (ECVP), Perception, 45, (2016 August, Barcelona)
  11. 野崎 航, 溝上 陽子, 矢口 博久: 拡散性照明と指向性照明下における物体の色の見え評価, 日本視覚学会2016年夏季大会, Vision, 28, 123 (2p02). (2016 August, 新潟)
  12. 佐藤 蒼馬, 矢口 博久, 溝上 陽子: 2型3色覚者の色弁別特性における偏心度と視野サイズの関係, 日本色彩学会第47回全国大会 [名古屋]’16, 日本色彩学会誌, 40, Supplement 23-25. (2016 June, 名古屋)
  13. 菊地 久美子, 片桐 千華, 吉川 拓伸, 溝上 陽子, 矢口 博久: 肌の分光測色の特性理解と日本人女性の長期的な肌色変化, 日本色彩学会第47回全国大会 [名古屋]’16, 日本色彩学会誌, 40, Supplement 85-88. (2016 June, 名古屋)
  14. 濱田 一輝, 溝上 陽子, 矢口 博久: 色の三属性が自然画像の弁別と許容に与える影響 日本色彩学会第47回全国大会 [名古屋]’16, 日本色彩学会誌, 40, Supplement 52-55. (2016 June, 名古屋)
  15. 三原 優輝, 溝上 陽子, 矢口 博久: 自然画像と単色刺激における色覚異常者の色弁別能, 日本色彩学会第47回全国大会 [名古屋]’16, 日本色彩学会誌, 40, Supplement 133-135. (2016 June, 名古屋)
  16. Mizokami Yoko, Takahashi Yuki, Yaguchi Hirohisa: Stable colorfulness perception of scene through haze, Vision Sciences Society 2016 Annual Meeting, Journal of Vision, 16, (2016 May, St. Pete Beach)
  17. 濱田 一輝, 矢口 博久, 溝上 陽子: 色の三属性が自然画像の弁別と許容に与える影響. 日本色彩学会 視覚情報基礎研究会 第27回研究発表会, 論文集, 31-34. (2016 March, 千葉)
  18. 小柳 優都, 矢口 博久, 溝上 陽子: LED光源下における自然物の色の見え. 日本色彩学会 視覚情報基礎研究会 第27回研究発表会, 論文集, 29-30. (2016 March, 千葉)
  19. 三原 優輝, 矢口 博久, 溝上 陽子: 自然画像と単色刺激における色覚異常者の色弁別能. 日本色彩学会 色覚研究会 平成27年度研究発表会, 概要集, 10-11. (2016 March, 東京)
  20. 高橋 有希, 溝上 陽子, 矢口 博久: かすみが彩度知覚に与える影響―自然画像と単色刺激の比較―. 日本視覚学会2016年冬季大会, Vision 28, 58 (52p02). (2016 January, 東京)
  21. 長瀨 太郎, 矢口 博久, 溝上 陽子: 人物画像の好ましい肌質感 ~素肌と化粧肌の比較~. 日本視覚学会2016年冬季大会, Vision 28, 49 (41p03). (2016 January, 東京)
  22. 光永 尚詩, 溝上 陽子, 矢口 博久: 両眼色知覚における統合メカニズム. 日本視覚学会2016年冬季大会, Vision 28, 52 (51p12). (2016 January, 東京)
  23. 加藤 輝実, 矢口 博久, 溝上 陽子: 色覚異常者の弁別閾と色カテコ?リ境界の関係性. 日本視覚学会2016年冬季大会, Vision 28, 49 (41p02). (2016 January, 東京)

戻る