2017年

  1. 三原優輝,溝上陽子:“ディスプレイを用いた色覚異常の強度測定”,日本色彩学会平成29 年度研究会大会6研究会合同研究発表会(画像色彩研究会,コスメティクスと肌・顔研究会,視覚情報基礎研究会,色覚研究会,測色研究会,白色度研究会),日本色彩学会誌 第41 巻 第6 号 (2017 年),SUPPLEMENT1-2.
  2. Kazuki Hamada, Yoko Mizokami, Kumiko Kikuchi, Hirohisa Yaguchi: “Discrimination Thresholds for Skin Image and Uniform Color Stimulus”, The 13th International AIC Congress (2017 October, Jeju)
  3. Kato Miharu, Mizokami Yoko, Yaguchi Hirohisa: Verification of the simulation of anomalous trichromats with multispectral images, The 24th Symposium of the International Colour Vision Society, Abstract book, 103. (2017 August, Erlangen) (poster) *Student Travel Award
  4. Kiyasu Yuki,Mizokami Yoko, Yaguchi Hirohisa: Influence of changes in diffusivity of lighting on appearance of object surface, The 24th Symposium of the International Colour Vision Society, Abstract book, 77. (2017 August, Erlangen) (poster) *Student Travel Award
  5. Fang Yu, Mizokami Yoko, Yaguchi Hirohisa: Visual perception of pigmentation on facial skin-color distribution, The 13th Asia-Pacific Conference on Vision (APCV), i-Perception, 8, (2017 July, Tainan)
  6. 加藤 美晴, 溝上 陽子, 矢口 博久: 分光画像による色覚異常シミュレーションの正確性の検証, 日本色彩学会 視覚情報基礎研究会 第31回研究発表会, 論文集, 23-26. (2017 June, 東京)
  7. 方 昱, 溝上 陽子, 矢口 博久: 色素斑の知覚に濃度が与える影響, 日本色彩学会 視覚情報基礎研究会 第31回研究発表会, 論文集, 19-20. (2017 June, 東京)
  8. 宍倉 正視, 竹下 友美, 後藤 史子, 溝上 陽子: 印刷物の可読性に対する背景色及び年齢・照度の影響, 日本色彩学会第48 回全国大会[東京]’17, 日本色彩学会誌, 41, Supplement 163-166. (2017 June, 東京)
  9. 鷹野 雅弘, 溝上 陽子: かすみに対する順応時間と彩度知覚の関係, 日本色彩学会第48 回全国大会[東京]’17, 日本色彩学会誌, 41, Supplement 23-24. (2017 June, 東京)
  10. 濱田 一輝, 溝上 陽子, 矢口 博久: 肌画像と単色刺激における肌色の弁別特性, 日本色彩学会第48 回全国大会[東京]’17, 日本色彩学会誌, 41, Supplement 49-50. (2017 June, 東京)
  11. 大塚 理子, 溝上 陽子, 矢口 博久: 色素斑の大きさと数が目立ちに与える影響, 日本色彩学会第48 回全国大会[東京]’17, 日本色彩学会誌, 41, Supplement 50-51. (2017 June, 東京) *発表奨励賞受賞
  12. 菊地 久美子, 片桐 千華, 溝上 陽子, 矢口 博久: 顔面における肌色分布の評価法とその応用 -加齢変化, 季節変化-, 日本色彩学会第48 回全国大会[東京]’17, 日本色彩学会誌, 41, Supplement 44-47. (2017 June, 東京)
  13. Mihara Yuki, Hamada Kazuki, Phuangsuwan Chanprapha, Ikeda Mitsuo, Mizokami Yoko: Change of color appearance of invariant psychophysical color by the chromatic adaptation to illumination, 日本色彩学会第48 回全国大会[東京]’17, 日本色彩学会誌, 41, Supplement 58-59. (2017 June, 東京)
  14. Mizokami Yoko, Kiyasu Yuki, Yaguchi Hirohisa: Appearance of surface property influenced by the diffuseness of lighting, Vision Sciences Society 2017 Annual Meeting, Journal of Vision, 17, (2017 May, St. Pete Beach) (poster)
  15. 鷹野雅弘, 溝上陽子, かすみに対する順応時間と彩度知覚の関係, 日本色彩学会 色覚研究会 平成28年度研究発表会, 概要集, 2-3, 2017 March, 東京
  16. 佐藤 蒼馬, 溝上 陽子, 矢口 博久: 色覚異常者の色弁別特性における偏心度と視野サイズの関係, 日本色彩学会 色覚研究会 平成28年度研究発表会, 概要集, 4-7. (2017 March, 東京)
  17. 森山 敬亮, 堀内 隆彦, 溝上 陽子, 平井 経太: 光色の変化が覚醒度へ与える影響, 日本視覚学会2017年冬季大会, Vision, 29, 50 (3p18). (2017 January, 東京) (poster)
  18. 喜安 勇貴, 溝上 陽子, 矢口 博久: 照明の拡散度の変化が質感の見えに与える影響, 日本視覚学会2017年冬季大会, Vision, 29, 51 (3p20). (2017 January, 東京) (poster)

戻る